前へ
次へ

内容の分かりやすさが重視される教育

教職などで働いている方々は、基本的には話の分かりやすさを心がけています。
教育に関する職業で働く方々の目的の1つは、生徒に内容を理解してもらう事です。
何らかの概念や知識などを教える訳ですが、それを生徒が正確に理解する事が求められる訳です。
先生の話を聞くだけでなく、生徒が内容を理解しなければなりません。
ですから教育業界の方々は、基本的には生徒の目線で教えるよう心がけています。
教師の目線ではありません。
生徒がきちんと内容を理解する為にも、まずは生徒の気持ちを考えた上で、指導を行っていくケースがほとんどです。
現に教材などを見てみますと、専門用語があまり書かれていないケースも多いです。
専門用語が書かれているにしても、必ずその用語に関する詳しい補足説明は書かれています。
専門用語を使わないのも、生徒の目線に配慮しているからです。
それは、何も生徒に物を教える時だけではありません。
両親が子供に何かを教える時も、基本的には分かりやすさを心がけています。
「分かりやすさ」は、教育のキーポイントの1つです。

Page Top