前へ
次へ

取得しておくと有利な資格について

教育と一言で言っても様々な種類があり、自分が何を目指すのかによって取得すべき資格も異なります。
例えば、日本にいる外国人に対して日本語を教えるために必要な日本語教育能力検定試験があります。
言語学や日本語の構造、文法など幅広いことを学ぶため比較的難易度が高い試験です。
語学に興味を持ち、しっかりと学ぶことが必要です。
続いては、職業能力開発促進法によって定められている資格があります。
それが、職業訓練指導員という資格で、職業能力開発施設で生徒に対して実技や専門学科を教えます。
この資格を持つことで、就職を目指す人のサポートをする仕事に就くことが出来ます。
さらに比較的最近出来た新しい資格としてチャイルドマインダーの資格か挙げられます。
こちらの資格は国家資格ではなく、民間の資格になります。
幅広い業務で活かすことが出来るので、子どものスペシャリストとして力を発揮します。
最近は知名度が高くなってきたこともあり認定している団体が複数あります。
目的に合わせて学ぶ場所を選ぶことが大切です。

Page Top